Windows XPを使ったATMが95%!、更新が間に合わないの!!!


アメリカ最大のATM販売会社NCRでマーケティングディレクターを務めるロバート・ジョンストン氏によると、世界中で稼働しているATMの95%以上がOSにWindows XPを使用しており、2014年4月9日のサポート終了までのアップグレード作業の必要性に直面しているとのこと。なお、組み込み機器向けのOSであるWindows XP Embeddedについては、2016年初頭までサポートされるため、これらのOSを使っている銀行にはしばらく猶予が与えられています。

Microsoftの公開するデータではWindows XPは他のOSに比べてマルウェアへ感染し易いとされており、サポートが打ち切られると、この傾向はより一層強まると強まると予想されるため、セキュリティが重要視されるATMでの利用は望ましいことではないと言えます。



※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
http://gigazine.net/news/20140120-atm-upgrade-windows-xp/


続きを読む

Comments are closed.